平均

まず,平均0,標準偏差1の標準正規分布に従う乱数を10個作る.

import numpy as np
r = np.random.randn(10)
print(r)

これを実行すると,

[ 0.72615241  0.62081775  0.54047393  
0.30205602 -0.58338527 -0.35816261
1.06588934  1.28287569 -1.46125795 -0.92428926]

と標準正規分布に従う10個の乱数が出力される.

この10個の乱数の平均を計算するには,

import numpy as np
from statistics import mean
r = np.random.randn(10)
m = mean(r)
print(m)

とする.これを実行すると,

0.07784629123138585

となる.

python で用意されている mean 関数を用いない場合,

import numpy as np
r = np.random.randn(1000)
s = sum(r)
N = len(r)
mean = s / N
print(mean)

とすることで平均を求めることができる.

Mathematics is the language with which God has written the universe.





















イェンセンの不等式 グラフの描画 T空間 確率分布 準凹関数と凹関数 群の準同型写像