非決定性有限オートマトン NFA

$Q$ を状態の空ではない有限集合,$\Sigma$ を入力記号の集合($a \in \Sigma$),$\delta$ を状態遷移関数,$q_{0} \in Q$ を初期状態,$F \subset Q$ は受理状態の集合とすると,非決定性有限オートマトン(Nondeterministic Finite Automaton[NFA])は,\[M = (Q,\Sigma,\delta,q_{0},F)\]と表されます.

Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.





















確率測度の拡張 状態遷移関数 有限オートマトンの種類 剰余の定理(Remainder theorem) 商と余り