環と微分

$A$を[ring]とするとき,$A$の微分[differential calculus]$D$は以下を満たすものとして定義されます.

Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.





















エネルギーの原理 環とモノイド ヤコビアン 底の変換公式 対数 空集合の性質