オブジェクトと付値

Rが作成したり操作した実体はオブジェクト(object)と呼ばれる.

オブジェクトには代入によって名前をつけることができ,これを付値という.これは代入に相当する.

x <- 2
x
2

丸括弧 () で囲むと,代入と表示を同時に実行することが出来る.

(x <- 2)
2
オブジェクトには連続した値を付値することも出来る.
(x <- 1:3)
1 2 3

Mathematics is the language with which God has written the universe.





















イェンセンの不等式 latex2htmlの実行 code表示例 確率空間 確率測度 可測空間