場合の数と集合

場合の数[number of possible outcomes]

試行[trial]によって起こる事象[event]は,集合によって表現することができます.

そして,集合$A$ の要素の個数 $n(A)$ は,事象$A$ の場合の数 $n(A)$ とも呼ばれます.

場合の数集合
$A \cap B$積事象共通部分
$A \cup B$和事象和集合
$A \cap B$積事象共通部分
$\overline{A}$余事象補集合
$\emptyset$空事象空集合

Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.





















確率測度の拡張 事象と確率 マネーの発明 複利計算 配列の生成 線形代数演算