ニッパヤシ

Nypa fruticans Wurmb

インド及びマレーシア,ミクロネシアの海岸に生育するマングローブ植物.日本では西表島のマングローブ林に見られます.

中生代白亜紀の地層からニッパヤシの果実が発見されています.その当時はヨーロッパ,アフリカ西海岸,南米北部まで広く分布していたと考えられています.

花序から取れる樹液は砂糖や酒の原料として用いられます.


分類[APG]
-被子植物[angiosperms]
-単子葉類[monocots]
-ツユクサ類[commelinids]
ヤシ目[Arecales]
ヤシ科[Arecaceae]
ニッパヤシ属[Nypa]

Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.





















イラクサ カリアンドラ・エマルギナタ オオツルボ アマチャ エンジュ ゲンノショウコ